サラリーマンなら給料の銀行振込で必ず銀行のキャッシュカードを持っていると思いますが、それ以外にもカードローンが利用出来るカードを何枚も持っているのは今では普通です。


サラリーマンの場合はそれなりに安定した収入がありますので、金融系カードを作るのは難しいことではありません。


danjyo.jpg入会金や年会費が無料で、利用毎にポイントが付いたりするなどのメリットもあって、気が付いたら何枚もカードを持っていた、なんてこともあるのはないでしょうか。


それに対し、サラリーマンじゃない場合、専業主婦やパート・アルバイのように収入が無かったり、或いは安定して無かったりすると、金融系カードを作るのは実は意外とハードルが高かったりします。


収入が無いとカードローンも使っても返済出来ない可能性が高いのですが、それでもいざという時のためにカードローンが利用出来るカードは持っていたいと思うでしょう。


そこで、カードローンに申し込む際の多少のアドバイスをさせて頂きます。


■銀行系カードローンと消費者金融系カードローン

カードローンには大きく銀行系と消費者金融系に分けられます。

全体的に、銀行系は審査は厳しいけどそれに通ると金利は低めで、消費者金融系は審査は厳しくないが金利は高め、となります。


ただ専業主婦は消費者金融系では利用出来ないところが要注意です。ここはイメージ的には銀行不可で消費者金融は可ですが実際は逆なんですね。
ただ例外もありますので、各々の銀行や消費者金融のホームページで調べてみましょう。

こちらのサイトは主婦向けのカードローンについて漫画でわかりやすく紹介しているサイトで、かなり参考になりますよ!→専業主婦でも借りれるカードローンを漫画で解説


■総量規制
銀行系と消費者金融のカードローンで最も大きな違いが、この総量規制です。
簡単に言うと、個人が借りることが出来る金額には上限がありますが、総量規制は金融機関をまたいでその上限が設定されているものです。


具体的には、借入上限は年収の1/3というのが総量規制です。金融機関同士のネットワークで個人が特定されますので、年収が300万に人ならどの金融機関に行っても合計で100万までしか借りることが出来ません。
そしてこの総量規制は消費者金融系カードローンが対応となっているのです。銀行系カードローンは総量規制はありません。


これは昔の消費者金融系カードローンで、審査が厳しくないこともあり借入金額が膨らんで返済不能となる人が社会的にも問題になったことから設けれた制度なのです。
計画的な利用が一番大切です。

参照*無職でもお金を借りる方法